かなりフレットが磨り減ったギター、グレコのレスポール

弦高を低くするとビビりまくりなので

この際フレット交換をやってみようかと思い立ちました。

本音、もうすり合わせは無理な状態、

しかし、フレット交換に修理を出すには、

金額的に折り合わない、

と言うことになると、自分でやるしかない・・・

ということで、いろいろ検討しました結果

この際、ダメモトでやってみようかと・・・

まぁ、良い経験になるかな・・・

なんて思っています。

そこで、手順などをいろいろ検索した結果、

参考になるサイトがいくつかありました。

ストークギターラボここはいろいろメンテナンス参考になります。

Analog Sound

追加—————————————————–
ありました動画で22パートあるようです。
ただし、英語版です。
見るだけでもパワーがいりそうです。

上記動画の部分で、はんだごて、かなり有効に使っているようです。
ただ、はんだごては容量の大きいのが必要な感じです。
この動画みるとフレット抜くのは簡単だなぁ・・・
と言う感じ

再生リストは下記URL
http://www.youtube.com/user/smbstressfest#g/c/D65E8BFC21B63A99
———————————————————–

などなどを参考に準備、作業を進めようと、

でとりあえずネック受け、フレット加熱ようのコテを作成

ギターのネック受け
2枚の厚めの角材を45度斜めカットして
それを合わせました。
ネックを乗せるときにはタオルを敷けばいいと思っています。

はんだごてのコテサキ
小手先に実際のコテサキを加工しようか、とも思ったのですが
よく考えると、面倒くさいのもあって、手持ちの大きめの釘を
入れてみました。実際どうなのかは使ってみないと分かりませんが、
これで、いいかな、なんて思っています。

とりあえずこれで、ギターのネックを取り外し、

フレットをコテで温めながら取り外し、

フレットのサイズをチェックしようと思っています。

以下次号


ZOOM G3X

studio one

BEHRINGER
Ultravoice XM8500
公開予定記事
  • 2020/02/25:
    ギター曲 No5720
  • 2020/02/25:
    ギター曲 No5719