今回のリズムはSlowBluse となっているのですが、

じつはテンポアップして楽しい曲になっています。

 私も結構気持ちがよかったので5テイクもしてしまいました。

 曲調としても気に入っています。

 惜しむらくはベースがいまいち乗り切れていない、というかあっていないような、

 それでも、気に入った曲です。

 ギターはグレコ・レスポールでアンプはグヤトーンの組合せです。

機材は
1stギター:ハンバッキング・PU(Greco レス・ポール)
エフェクター:TM-7(Bossのギターシュミレータ)
ギターアンプ:H&Mmodel30(プリ真空管):(グヤトーン)
2ndギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
ベースギター:フェルナンデス
ギターアンプ:PE-200(ヤマハ)
リズムマシン:YDD-6(ヤマハ)SlowBluse

Boss TM-7:

アンプ直結:「ファイト」

注)思いつきの演奏ですが、著作権は当方にあります

 コメントが少ないので
友人にでも書いてもらうか迷っています。
まだ、友人にはこのサイトのことは言ってません。

誰か、コメント書いてください。
ただし、マイナス要因のコメントは削除する可能性があります。
単なるCMも不要です。

とりあえず、更新情報サービス を検索して追加してみました。
ちょっと、これで様子みますか・・・

 あらてめて、ギター演奏 録音を聞いて思ったのは、基本的に早引きの部分はそれほどでもないけど、ゆっくりフレーズを考えて弾いているとことなど、もろにリズムに乗りきれていない部分が多いですねぇ・・・
 これは、ちょっと前からきずいてはいたんですが、何度も同じことをやるのが苦手というか、あんまり好きでない ですねぇ・・・
 しかし、今後ちょっとばかり考えて発表するように注意・・・
 というか、何度やっても変わらない・・・と言う声も

グレコ・レスポール
My guitar グレコの
レスポールです。
私の2番めのギターで
バンド時代
もほとんどこれでした。
フレットも弾きっぱなし
なのでかなり削れてい
ます。
PUは2個ともかえまし
たがあまりに前なので
メーカーは不明の状態
です。
今度はがして見て
みようかな

 今回はメロー感じの曲を

リズムはPopRock1 ちょいとアップテンポで

コードはC,C7,F,Fmが基本

ギターはグレコのレスポール

アンプをグヤトーンHM30でBossのギタシュミを

ブースターとして使った演奏とアンプ直結(ミッドナイトへ)で

オーバードライブの2つ

 曲の感じは気に入ったので、

そのうち時間があれば正式にメロディーを

まとめてちゃんとした曲にしても良いかなと思っていたりも・・

機材は
1stギター:ハンバッキング・PU(Greco レス・ポール)
エフェクター:TM-7(Bossのギターシュミレータ)
ギターアンプ:H&Mmodel30(プリ真空管):(グヤトーン)
2ndギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
ベースギター:フェルナンデス
ギターアンプ:PE-200(ヤマハ)
リズムマシン:YDD-6(ヤマハ)PopRock1

———————————————————
以下変更しました。(mOm)

Boss TM-7:<--! a href="/rec/00PopRock1-p4-2nd-LesPoul-2.mp3">00PopRock1-p4-2nd-LesPoul-2.mp3<--! /a>
上の録音はちょっとひどいかな、と思えるので再度録音して上げ直します。(mOm)

今のところ、テイク1演奏の前後をちょっと端折った録音を出すことに・・・
最初聞いたときには、あまりにもたどたどしい感じがしたので、

出さないことにしていたのですが、

何回か聞くと曲想が一番気に入っているので、やっぱりこれかな

と言う感じです。

 演奏は、たどたどしく感じるかもしれませんが、

現在はこれが一番かな

また、演奏しなおして、いい感じで出来たらまた発表します。

結局、発想においてはテイク1が1番いいのかもしれません。

Boss TM-7:

アンプ直結の録音も前後不要部分を端折りました。
アンプ直結:「学生時代」

注)思いつきみたいな演奏ですが、著作権は当方にあります

画面の色違い部分
デジカメで写しましたが、違いが今いち
でも、実際では結構な差があります。

今日は子供のパソコンのグラフィックディスプレイボードの
性能が低いということで、近場のパソコン専門店へ行きました。
ただ、電源が弱いメーカー製なので、マシンに合う
グラフィックディスプレイボードは結局ありませんでした。
ついでにパソコンの周辺機器をみるとフルハイビジョンの
液晶ディスプレイが安いんですねぇ・・
買うつもり無かったですが、ついつい
フルハイビジョンの21インチ液晶ディスプレイ16、800円ですぞ・・・
たまらずに、「買い!」の一声が出てしまいました。
しかし、安いですねLG製でHDMIも付いています。
良い買い物をした・・・とほそくえんでいたところ、
画面を良く見ると右と左では色が違うのです。
なにか、右側にはフィルターがかかっているような感じ・・・
ゲッ・・・これは
最初は壁紙が拡大した時にそうなったのかと思いましたが、
Windows,Linux,などいろいろ画面をかえても右と左は色違い、
これは間違いありません。
ハードつまりは液晶ディスプレイの液晶張り合わせが上手く行っていないのです。
まいったなぁ・・・
この様な張り合わせの色違い、どの程度まで許容範囲か分かりませんが、
この状態、我慢できそうにありません。
明日にでも連絡して、交換してもらいたいと思っているのですが、
販売店が 交換OK してくれるか心配です。

でも、液晶ディlスプレイ安くなったですね24インチでも
フルハイビジョンで21000円程度でしたから・・・

————————————————————————————————————-

よくこのディスプレイ見ると左側の色が薄いです、
右は文字がハッキリ見えるのですが、
左は文字が何となく頼りなく見えるし、
色が白くて明るすぎるようです。
つまり左側の液晶の部分に張り合わせるフィルターを
張り忘れたのではないかと思えます。
そうであれば、メーカーの責任で不良品と言うことで即交換OKかな?

————————————————————————————————————-

 この液晶ディスプレイについての追伸です。
今日販売店に電話したところ、それはデモモードです。
と一蹴されました。
 わたし、えっ!! という感じです。
 あわせて解除方法を習うと簡単・・・でもないか
なんといってもボタンが無いのです。
で、なんか「OSDロック」とか表示がでてどうしようも無かったのでした。
と言う言い訳をしておきます。
 まぁ、とにかく店員さんから聞くと、ボタンの部分(LEDが点灯している部分)を
しばらく押すと解除されるとのことでした。
 で、左から3つ目のボタン・・・・
というように聞いて解除できました。

 いまの最新機器はやっぱりちょっと違いますねぇ・・・

機能もいろいろあるようですが、いまいち・・・
まぁ、とにかく綺麗に写るようになりました。
満足満足・・・というところです。


 これもリズムはライン取りです。

ギター、ベースのライン取りも考えたのですが、

録音時のレイシティ出したっけ(遅れ)とかエフェクターの音色とか、

色々な問題があるので、今のところパス、

先日のCubasis とかだとうまく出来るかなぁ・・・

 まぁ、とにかく調査だけは・・・

こちらもコンプレッサーとディストーションと

2とおりのギター演奏録音をやっています。

機材は
1stギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
エフェクター:ディストーション(RAT Proco)
      :コンプレッサー(Amdek)
2ndギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
ベースギター:フェルナンデス
ギターアンプ:PE-200(ヤマハ)
リズムマシン:YDD-6(ヤマハ)Rock-A-Ballad

演奏は以下のとおりです。
コンプレッサー:

ディストーション:

今日同じバックでグレコ・レスポール、グヤトーンH&M30の組み合わせてギター録音しましたので追加します。

1stギター:ハンバッキング・PU(Greco レス・ポール)
ギターアンプ:H&M30(グヤトーン)

アンプ直結:「波間にて」

注)一発テイクの演奏ですが、著作権は当方にあります


 今回は同じ伴奏で3つの1stギター演奏の録音です。

リズムはM・O・R2です。

コードはD7→Aです。

1stギターは コンプレッサー、

ディストーション、ディストーション+ワウワウ 

の3つで演奏しました。

 やっぱり弾くときの感性はエフェクターでかなり違いますねぇ・・・

曲長は4分40秒程度です。

 今回はリズムは単独チャネルでライン入力にしました。

 ラインアウトが出ているのでマイク取りより綺麗にとれています。

機材は
1stギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
エフェクター:ディストーション(Proco)
      :クライベイビーCB95(ジムダンロップ)
2ndギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
ベースギター:フェルナンデス
ギターアンプ:PE-200(ヤマハ)
リズムマシン:YDD-6(ヤマハ)M・O・R2

演奏は以下のとおりです。
コンプレッサー:05MOR2-m4-D7-A-Bass-FRComp.mp3

ディストーション:05MOR2-m4-D7-A-Bass-FRDest.mp3

ワウワウ:05MOR2-m4-D7-A-Bass-FRDestWaw.mp3

同じバックでグレコ・レスポール、グヤトーンH&M30の組み合わせてギター録音しましたので追加します。

1stギター:ハンバッキング・PU(Greco レス・ポール)
ギターアンプ:H&M30(グヤトーン)

アンプ直結:「夜のトバリが降りる頃」-05MOR2-m4-D7-A-Bass-LesPoulHM30.mp3

注)一発テイクの演奏ですが、著作権は当方にあります


 DTM関連をいろいろ調べていたら、思い出しました。

CuBasis VSTを10年ほど前に購入していました。

 そういえばギターのMIDIマイクと一緒に購入したんですけど、

ギターのNIDIマイクの取り付けが難しくて、棚上げにしたんですよね、

その時 CuBasis だけでも使用すればよかったんですが、何となくそのままになって・・・

 で、現在ギターの録音をやっていて、フリーのDTMはなんて探していたら、

CuBasis VST持っていました。

 しかし、何といっても10年も月日は立っています。

 さすがに 直Vista は無理なので、

ヴァーチャルPCにWindows98 をインストールしているので、

そのヴァーチャルPCのウインドウズ98でやってみました。

 でこれは、うまく言っているよに見えたんですが、

VIsta 自体の問題で、どうもおとが出ません。

 そこで、Windows98をインストールしている

ノートパスコンにインストールすると、うまく動くようです。

 とりあえず、現在いくつかのテスト音出しやっている所です。

 これ、USB→光→オーディオと言う接続でつないでいるんですが、

結構いい感じで音が出ますねぇ

こんな、ことなら早くやればよかったと言う感じです。

 ただ、何といっても10年まえのソフトだし、

マシンパワーも貧弱なので、実際はどんなものか・・・

ですね。

 うまく行けばこれにミディでバックを作って録音すると、いいかも・・・

ドラムとか、シンセとかも入っているようだし。

—————————————————————————————–
追伸:
 CuBasis VST 説明書を読みながら少しずつやっていますが、

マイク取りに比べると何となく難しくて、・・・

 と言う感じになっています。

 音は非常に良いし、

また日頃の自分だけで演奏する感性も違ってくるので、

これはこれでマスターしなければと思うのですが・・・
 ちまちま、とエディタで入力するのが面倒くさいと思ってしまいます。

 とくにMIDI入力についてはもうちょっと勉強する必要がありそうです。

公開予定記事
  • 2018/10/22:
    ギター曲 No4315
  • 2018/10/21:
    ギター曲 No4317
  • 2018/10/20:
    ギター曲 No4309